武蔵野自然塾ってな〜に?


    私たち「武蔵野自然塾」は一言でいえば、
自然環境保全・自然環境教育
   を行う団体です。2003年2月に結成され、2004年7月に法人として認可されました。
 
   現在様々なNPOがありますが、私たち武蔵野自然塾の特徴はこの二つです!
                 
(1)メンバーはタレント揃い!
                 
(2)行政とのパートナーシップ
                                            
   現時点では約50名の会員が活動しています。

   ではどんな活動をしているのでしょうか?私たちの活動内容をご紹介します♪
活動の記録もご覧になると詳しくわかります。)



1.学校ビオトープのメンテナンス及び授業
武蔵野市立の小学校のビオトープのメンテナンス及び、ビオトープを使った授業の実施
学校ビオトープ
ビオトープにて自然観察指導を一年に約50回実施しているほか、ビオトープ自体のメンテナンスも一年に約40回実施しています。



2.むさしの自然観察園(北町ビオトープ)

 むさしの自然観察園は2005年7月に開園した武蔵野市立の観察園です。観察園には様々な木本・草本が植えられている他、池にはメダカやアカガエルが、春から夏にはチョウやトンボが乱舞します。また、月に2〜3回、メンバーが講師となって多様な自然体験プログラムを提供しています。

管理棟
管理棟には様々な水生生物や昆虫が飼育されています。メダカ、ドジョウ、ギンヤンマのヤゴ、カブトムシ、クワガタなどその他多数☆珍しい生き物よりも、地域本来の生物を多く展示しています。ネイチャークラフトや昆虫標本などが展示されています。何かあれば常駐のスタッフに何でも質問してください♪


巨大ケージ
観察園の目玉のひとつです!様々な草花が植えられ、春から秋にかけて多種多様なチョウやトンボが乱舞する・・・昆虫にも人間にも楽園のような空間です。中の小池にはホタルの幼虫もいます。蝶たちは驚くほど人間を怖がらないので身近でゆっくり観察できます。


自然体験プログラム
観察園では多様な自然体験プログラムを行っています。ネイチャークラフト、ネイチャーゲーム、樹木博士、昆虫博士、野草料理、等など。楽しみながら自然について学べます。
・過去のイベントの様子
・今後のイベント



3.その他の活動
その他、各団体より依頼された観察会の実施や、各種内部研修などその他様々な自然環境保全活動、環境教育活動を行っています。



内部研修
 メンバーのスキルアップのための様々な研修や講座を実施しています。
 これらの研修の成果は、各種のガイドやむさしの自然観察園での自然体験プログラムなどで発揮されています。写真はソング&アクティビティの研修の様子です。

自然環境保全や環境教育に興味がある方、自然を学びたい方、一緒に活動しませんか?武蔵野自然塾メンバーは自然関係の各種タレント揃いです。必ず、あなたのレベルアップにつながります。

トップページへ